土地家屋調査士

土地家屋調査士は、所有者の代わりに不動産の表示に関する登記に関して、必要な土地又は建物の調査、測量、申請手続又は審査請求の手続を業務として行なう国家資格です。

土地家屋調査士について

土地家屋調査士は、不動産の表示に関する登記の専門家であり、不動産の物理的現況(場所は何処で、どのくらいの広さの土地や建物なのか等)を登記簿の表題部に登記する申請書の作成、及び申請代理業務を行なう社会的評価も高い国家資格です。

また、土地家屋調査士に定年は無いことからも、高齢化社会の時代にも合った業務と言えます。

土地家屋調査士について学ぶ事は、不動産という個人にとって極めて重要な財産を扱う上で、とても役に立つと言えるでしょう。

土地家屋調査士試験について

土地家屋調査士試験は、年齢、性別、学歴等に関係なく、誰でも受験できます。

土地家屋調査士試験は、筆記試験である午前試験と午後試験、および筆記試験合格者のみに実施される、口述試験があります。

土地家屋調査士の筆記試験は8月、筆記試験合格者のみに実施される口述試験は11月に試験が行なわれます。

土地家屋調査士試験の午前試験の主な内容としては、

不動産の表示に関する登記に関する事項であって、土地家屋調査士の業務を行なうにあたって必要な知識である、登記の申請手続き及び審査請求の手続きに関する知識及び技能に関する内容が出題されます。

土地家屋調査士試験の午後試験の主な内容としては、

平面測量(トランシット及び平板を用いる図根測量を含む)、作図(縮図及び伸図並びにこれに伴う地図の表現の変更に関する作業を含む)となっています。

ただし、土地家屋調査士の午後試験は、「測量士補」「測量士」「1級建築士」「2級建築士」の何れかの資格があれば、試験を免除されます。

土地家屋調査士は、不動産に関する法律の専門家であると同時に、測量のスペシャリストである事も要求される事から学ぶ範囲も広く、独学だけで試験に合格する事は難しいので、専門学校や通信教育で学ばれる事をお勧め致します。