管理業務主任者

管理業務主任者は、マンションの管理業者がマンションの管理組合と管理委託契約をする際の重要事項の説明や、管理業務の処理状況のチェック、及びマンションの管理組合への報告などの業務を行なうマンション管理業の専門家で、不動産関係の国家資格となります。

管理業務主任者について

管理業務主任者は、マンション管理適正化法により、「マンション管理業者は、その事務所ごとに管理業務依託を受けた管理組合30組合に1人の割合で成年者である専任の管理業務主任者を置かなければならない。」と定められており、マンション管理業には必須の人材です。

管理業務主任者になるには、マンションの管理の適正化の推進に関する法律の定めるところにより、国土交通大臣から指定試験機関の指定を受けた社団法人高層住宅管理業協会が行なっている、管理業務主任者試験に合格する必要があります。

また、管理業務主任者試験に合格後、国土交通大臣の登録を受ける為には、登録申請時までに実務経験が2年以上あるか、もしくは社団法人 高層住宅管理業協会が行なっている管理業務主任者登録実務講習を受講し、修了試験に合格する(2年以上の実務経験を有するものと同等以上の能力を有すると認められる)必要があります。

管理業務主任者試験について

管理業務主任者試験の受験には、年齢、性別、学歴、国籍等は一切問われず、管理業務主任者試験は門戸の広い国家資格試験です。

管理業務主任者試験の主な内容としては、

1.管理事務の委託契約に関する内容

2.管理組合の会計の収入・支出の調停・出納に関する内容

3.建物・附属施設の維持・修繕の企画又は実施の調整に関する内容

4.マンション管理適正化法や上記以外の管理事務の実施に関する内容

などが挙げられます。

管理業務主任者試験の出題内容は、マンション管理士試験の出題範囲と重複する部分が多いので、専門学校や通信教育などで効率的に勉強すれば、一度の受験で管理業務主任者試験とマンション管理士試験に合格する事も可能です。