行政書士

行政書士は、会社の設立や飲食店の営業許可など、個人や商店、企業と、行政をつなぐ法律のエキスパートです。

行政書士は、「新会社法」の実施や、行政書士法の改正によって「代理権」が付与された事などにより、不動産関係以外でも様々な書類申請や代理業務が増えている、需要の高い国家資格です。

行政書士について

行政書士は、行政書士法に基づいて行政機関に提出する許認可の申請書類等や、契約書、遺言書等の「権利義務、事実証明に関する書類」の作成や代理などを業務として行ない、企業内における法務、総務部門でも高く評価されている国家資格です。

そのため行政書士は、就職、転職、昇給の面でも有利とされている他、少ない資本での独立開業も可能な国家資格としても注目を集めています。

また、基礎法学、憲法、民法など、他の法律系資格試験の内容とも重なる部分が多く、行政書士の資格取得は、ダブルライセンスへの第一歩となる資格としても注目されています。

行政書士試験について

行政書士になる条件は、行政書士試験に合格するか、弁護士、弁理士、公認会計士、税理士などの有資格者である必要があります。

行政書士試験は、年齢、学歴、国籍等に関係なく、誰でも受験する事ができる門戸の広い国家資格です。

行政書士の試験は、原則として毎年11月の第2日曜日に、都道府県知事が財団法人行政書士試験研究センターに委託して、全国47都道府県で行政書士試験が行なわれています。

行政書士試験の主な試験内容としては、

1.基礎法学、憲法、行政法(行政法の一般的な法理論、行政手続法、行政不服審査法、行政事件訴訟法、国家賠償法及び地方自治法など)、民法、商法(会社法を含む)など、行政書士の業務に関して必要な法令等からの出題。

2.政治、経済、社会、情報通信、個人情報保護、文章理解などの一般知識からの出題。

となっています。

行政書士試験は、初学者でも比較的狙いやすい法律系資格とされていますが、最近では扱う法律の範囲や業務内容が広範囲になってきている事から、試験内容も難度化してきており、独学よりも専門学校や通信教育などでの効率的な勉強が、行政書士試験の合格への近道と言えるでしょう。